" 軽自動車の任意保険 初めてでも安く簡単に加入

軽自動車の保険は難しく考えることはない

初めて任意保険に加入する時に大切なことは、ともかくあまりむずかしく考えないということです。

「初めてだからやはりディーラーや代理店に頼んだ方が良いのだろうか」と考えると、軽自動車なのに普通車と保険料が変らなかったり、普通車より高い保険料の任意保険になってしまいます。

そんなにむずかしいものではないですから自分で基本的な補償内容等を理解したら、見積り比較で軽自動車にふさわしいリーズナブルな任意保険を選ぶようにしましょう。

まずは補償の基本ですが、

相手方への「対人・対物」の賠償と、自分側の「人身障害」、これが基本になります。

この基本はどこの保険会社でも全く同じで、保険料が安いからこの基本を満足できないということはありません。

「対人・対物」は最近ではほとんどの保険会社が「無制限」を標準プランとしていますので、「対人・対物:無制限」と覚えましょう。

「人身障害」は自分の側の損害、つまり運転者、家族、同乗者のケガなどを補償するもので、補償限度額は3千万円が基本になっています。

この人身障害、3千万円でも良いとは思いますが、予算に余裕があるのなら5千万円にしておけばより安心でしょう。

繰り返すと、

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身障害:3千万円あるいは5千万円

これが任意保険の補償内容設定の基本です。軽自動車でも普通車でも変りありません。

次は車輌保険ですが、軽自動車の場合は普通車に比べて車輌価格が高くないため、車輌保険を付帯しない場合も多くなっているようです。

車輌保険を付けるかどうかは人それぞれの資金力と考え方によるでしょうから、一概に決め付けたような言い方は出来ないのですが、

・新車で大きな事故では自前での修理が難しい

・ローンを組んでいて自前で修理するとローンの支払とダブルパンチになる

と言う場合は車輌保険の付帯を検討した方が良いでしょう。


さて、ここまで分かったなら、後は上の基本でセットした自分の補償内容で保険料が安くなる保険会社を探すことになります。

これには自動車保険一括見積りという無料見積りサービスを使います。

このサービスは様々あるのですが、できるだけ多くの保険会社が対象になっているサービスを選んで一括見積りの依頼をします。

具体的には、手もとに車検証を準備して、ネットの一括見積りサイトから申込みの入力を行います。

5分程度の入力で多いところでは最大20社の保険会社に保険料の見積りを一括依頼することが出来ます。

各社の見積りが出揃ったら保険料の違いなどを比較して、一番安い所を選んでも良いですし、ロードサービスが充実しているところを選んでも良いですし、ともかく自分で納得できる保険会社を選んで契約へ進みます。

一括見積りからそのまま契約まで進むことが出来ますが、おすすめは、お目当ての保険会社が決まったらその保険会社の公式サイトに入って契約するという方法です。

なぜかというと、その方が保険会社のフリーダイヤルのオペレーターへの問い合わせや質問を心置きなく行えるからです。

オペレーターの方はディーラー代理店なんかよりはるかに任意保険について詳しく、途中でわからないことがあったら問い合わせれば親切に教えてくれます。

また、気持ちの問題かもしれませんが、改めて公式サイトから加入することで「俺は自分でこの任意保険を選んだんだ」という達成感がより感じられるような気がします。

契約が済んだら保険料の払い込みになります。

インターネット契約の保険会社なら大体どこでも、支払い方法はクレジット払い、銀行振り込み、コンビニ払いから選ぶことができます。

保険会社で入金が確認されればセットした保険開始日から任意保険がスタートします。

以上で、任意保険の加入は立派に終了です。

いかがですか?決してむずかしいものではないないことがお分かりいただけると思います。

初心者でも充分に可能な流れですので、ぜひ試してみてください。


■代理店関係者の人は任意保険を難しくしたがる

ネットの質問掲示板などでは代理店関係者の方々が「素人では補償を組むのは無理」などと任意保険のことをむずかしくしたがります。

自動車保険のことに付いて詳しくないと安い通販型任意保険の場合は「落とし穴」に嵌ってしまうというような言い方まですることがあります。

でも実際は上で紹介したように決して難しいことはなく、毎年多くの人がネットで契約をしています。

たったこの程度のことを代理店に頼むだけで保険料が何万円も高くなるなんて馬鹿馬鹿しいと思いませんか。

ディーラーが勧める任意保険も保険料の高い代理店型の任意保険です。

ディーラー自身が代理店になっていて、成約すれば1件当たりかなりの割合のマージンがディーラーに入るようになっています。

私自身、ディーラーから高い任意保険をすすめられた時は、「任意保険はいつも自分で選ぶから」と言うようにしています。


■何を最優先にして任意保険を選ぶか

軽自動車の場合は保険料の安さを重視して任意保険選びをすることが多いと思いますが、そのほかにも任意保険を選ぶときの切り口は様々にあると思います。

比較的ポピュラーなものをいくつか紹介してみましょう。

・保険料の安さで選ぶ

ほかは平均点でいいから、出来るだけ保険料を安くしたいという選び方です。

このような場合は上で紹介した無料一括見積りが大活躍することになります。

最大20社であれば、ほとんど全部の保険会社に網を掛けることができますから本当に頼りになります。

無料見積もりサービスで自分の加入条件を入力して申し込めば、自動的に保険会社が絞られ、保険料の一番安いところが簡単にみつかります。

・ロードサービスの充実で選ぶ

自動車保険自由化後、付帯サービスであるロードサービスが各社に広がり、今ではロードサービスが付いているのが当たり前のようになっています。

中でも通販型各社のロードサービスは充実していて、何か別な保険に無料で加入しているといった感じです。

JAFを止めて任意保険のロードサービスに切り替えた方がいいと言う方すらいます。

ですからロードサービスの充実した保険会社を選びたいという場合は通販型の任意保険に注目です。

調べた範囲で突出しているのはやはりチューリッヒでしょうか。

レッカーサービスなど「指定工場だと無料、指定工場以外へは100kmまで無料」となっています。

チューリッヒは「業界最高レベルのロードサービス」とアピールしていますが、実際メニューや内容を比べてみると、業界のトップと言ってもいい充実ぶりです。

・事故のときの現場急行サービスで選ぶ

勘違いしている方が多いようですが、代理店で契約したからといって、事故のときに代理店の型が現場に駆けつけることはほとんどありません。

代理店は任意保険の募集・勧誘が本務であり、示談交渉はもちろん事故時の斡旋ごとや仲介などは法律で禁じられています。

そのことが良くわかっている場合、事故時に現場へ急行してくれる保険会社を選びたいという方も居られることでしょう。

現在のところ、現場急行サービスを行っているのは、セコムとアメリカンホームです。

アメリカンホームは募集停止を決めたそうですので、セコムだけになってしまいました。

セコムの場合は「24時間、365日、お客様の要請にもとづいてセコムの緊急対処員が事故現場にかけつけます」ということで、距離の制限などはありません。

ちなみにアメリカンホームの「ダイレクトレスキュー」の方は「原則として事故現場まで30分程度で到着できる場所に限ります。」という制限があるものでした。

いずれも、現場では安全確保のサポート、通行車両等の誘導のサポート、警察への届け出、事故報告のサポート、レッカーの手配などをしてくれることになります。

代理店型で保険料が高くなってもいいから現場急行サービスが欲しいという場合はセコムが良いでしょう。


このページの先頭へ